すみれ会 情景模型

元メンバーのYさんのご主人、情景模型の作家さんです。

年末に、展示会が開かれている鳩山町に行ってきました。

情景模型」って、聞きなれない言葉ですが、
ミニチュアの立体模型で、
作者の権次郎さんは、主に昭和の風景を形にしています。

画像


販売されているパーツを使うこともあるようですが、
ほぼ手作り。

居酒屋のミニチュアでは、
ビール瓶やとっくりなどをたくさん飾られていたのです。

量産するのは、まず型を作って
そこに材料を流し込んで、固めて彩色すると話してました。

昨年夏、TV朝日の「人生の楽園」で取り上げられていて
今回は朝日新聞に大きく載っていたので、行ってきました。

展示されていた中には、駄菓子屋さんもあり、
小さな小さなお菓子などが並べられてました。

「昔、これあった、あった」とか「見た見た」と
一緒に出掛けた友人たちと大いに盛り上がりました。

あまり展示会をやっていない権次郎さんですが、
1月20日までは鳩山町でやっているそうです。
ホームページに情報が出ています。

ぜひ出かけて、本物を見てください。


すみれ会、カレンダー大の作成が昨年間に合わなかったので
これから作ります。

バラの会の会長のカレンダーの元を
和紙に印刷されているかのように半透明化します。

最初に、カレンダーに乗せるためにサイズを小さくしました。

JTrimでトリミング(切り抜き)です。
サイズを指定してカットします。
12か月分繰り返しました。

ファイル名にこだわっていただきました。
この後も繰り返し12か月分作るものがあります。

A4サイズの半分の大きさにしたカレンダーを
PECO STEPというサイトで透明化します。

画面が表示されたら、透明化するファイルをドラッグするだけです。
透明度は80%に指定しましたが、これは任意です。
透き通っていたり、白っぽかったりはお家で研究してみてください。

次回、もう一度続きをやります。

背景の取得が宿題になりました。
今回は和柄をメインに探してもらいましたが、
背景の絵柄は、お好きなイメージで取ってきてください。

次回、半透明にしたカレンダーを乗せて完成です。
次のレッスンまで1週間くらいしかない、ということで
少し忙しいですね。

取り方がわからなかった人は私のを差し上げます。

レシピに載っていた、「123RF」にもたくさんのサンプルがありました。

いいのが見つかるといいですね。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント